-->

国際

2011年03月02日

1:そーきそばΦ ★:2011/03/02(水) 15:55:03.57 ID:???0

湖北省荊州市公安県埠河鎮の民家で、使用中の洗濯機が爆発した。2010年5月に購入した、使用約10カ月の製品だった。爆発にともない火災が発生し、洗濯機を置いていた洗面室が焼けた。中国のポータルサイト「和訊網」が1日付で報じた。

記事も「普通ならば、燃えやすいものが爆発するものだ。洗濯機も爆発するとは、初めて聞いた」と、驚いた。洗濯機が置かれていたのはレンガづくりの民家の洗面室で、天井や壁から落ちたレンガが散乱した。洗濯機を取り付けていた蛇口は吹き飛んだ。激しく燃えたため、洗濯機は「黒い鉄箱」状になっていたという。

同民家には、夫婦2人と息子、息子の妻と生後2カ月の赤ん坊が住んでいた。爆発当時に在宅だったのは息子の妻と赤ん坊で、2階の寝室にいた。階下で火災が発生して逃げられなくなり、窓から助けを求めたが、近くに住む住民が家に飛び込んで、救出した。救出した住民を含め、けが人はでなかった。

同家では2010年5月に息子が結婚したため、洗濯機を含め家電製品を新たにそろえた。
洗濯機はこれまでにも不具合があり、修理を以来したことがあるという。(編集担当:如月隼人)

ソース サーチナ 3月2日(水)15時34分配信 洗濯機が爆発、中国メディアも「初耳だ」…購入後10カ月
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110302-00000075-scn-cn

続きを読む

ironew at 18:09コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月24日

1:そーきそばΦ ★:2011/02/24(木) 15:34:30.30 ID:???0

浙江省の温州市鹿城区で3日午後6時ごろ、直径120センチメートルの水道管が破裂した事故で、水道会社は「水道管は、後から建てられた建物の重さに耐えられなくなり破裂した」との見方を固めた。建物には商店が入っており、経営者の1人は「火山の噴火のように地面が爆発した」と述べた。浙江在線が報じた。

建物は1階建てで、商店7店舗が入居していた。経営者の1人によると、「地面が1メートルほど持ちあがり、鉄の門もねじまげられた。その後、水柱が噴き上げた。火山の噴火のように爆発した」と述べた。建物も、コンクリートの柱が吹き飛ばされるなどで破壊された。現場にはレンガが散乱した。

建物が作られたのは4、5年前だった。2009年10月にも近くの建物で同様の事故が発生し、当局は「無許可の建設だった」として撤去した。3日に水道管破損による「地面爆発」を起こした建物も撤去指示を受けたが、従わなかった。

同市で上水道事業を行う温州水務集団は、「地盤がゆるい場所であり、建物が沈降しやすい。水道管の一部に集中的に重さがかかれば、いつ破損してもおかしくない」と説明した。このままの状態が続くと、再び「地面爆発」が起こる可能性が高いという。

温州水務は、「市内に敷設した水道管は計2200キロメートルで、2010年には漏水事故が234件、発生した」と説明。 大部分は、水道管に不適切な力を加えて発生した「人災」だったと主張した。

調査の結果、鹿城区内だけでも水道管の上に違法に建築された建物は14棟あり、いずれも水道管破裂の「時限爆弾」化しているという。温州水務は、水道管が破損した際の危険性についても説明。太い管には高圧がかけられており、「直径60センチメートルの水道管が爆裂した場合に、高さ26メートルの水柱が吹き出る。橋なども破壊する威力だ」という。(編集担当:如月隼人)

ソース サーチナ 2月24日(木)15時26分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110224-00000078-scn-cn

続きを読む

ironew at 17:28コメント(0)トラックバック(0) 
1:出世ウホφ ★:2011/02/23(水) 02:12:45.00 ID:???0

江蘇省南京市の西安門トンネル内で21日午後3時ごろ、走行していた五菱汽車製のワゴン車が燃え出した。 ワゴン車は4、5回にわたり爆発を繰り返しながら全焼した。龍虎網などが報じた。

運転手によると、こげるような臭いがしたので、「妙だな」と思っていると、車体の下から炎が噴き出した。
停車して飛び降り、危険だと思い手を振って、後続車を止めたという。

トンネル内は行く手をはばまれた自動車と後続車で大渋滞した。火の勢いは激しく、爆発も繰り返したため、危険を感じたドライバーらが車から降り、先を争って逃げ出したという。消防がかけつけ火を消し止めたが、ワゴン車は黒焦げになった車体の枠だけの状態になった。

ワゴン車が燃え出した原因は、分かっていない。(編集担当:如月隼人)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0222&f=national_0222_149.shtml

続きを読む

ironew at 17:15コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月23日

1:帰社倶楽部φ ★:2011/02/23(水) 17:00:44.59 ID:???0

ニュージーランド・クライストチャーチ付近で起きた地震で、23日朝、倒壊したキングスエデュケーションのあったビルから救出され、市内のクライストチャーチ病院で治療を受けた富山外国語専門学校の奥田建人さん(19)=富山市=は、同日午後、病室で朝日新聞の取材に応じた。上半身はだかのまま、落ち着いた口調で、閉じ込められてから助け出されるまでの様子を次のように語った。

昼食をとっていたら、大きな揺れが来て、いきなり床が落ちた。周りのみんなは「痛い」などと言いながら下に落ちていき、自分は気づいたら真っ暗な中で何かに右足を挟まれて動けなくなっていた。
最初は助けが来るかどうかも分からずパニック状態だったが、一緒に埋まった(亀遊〈きゆう〉知子)先生が「落ち着いて」「長期戦になるかもしれないから体力を残そう」と声をかけてくれた。
「みんなで生きて帰ろう」と呼びかけ合い、励まし合って救助を待った。挟まれたまま、兄に携帯で電話をし、ここにいることを大使館に連絡してもらった。

右足を挟まれて動けなくなり、だんだん足の感覚がなくなっていった。今朝、少しずつ明かりが見えてきて、「命は大丈夫」だと思った。救助されるときに右足を切断したけれど、切るときには「仕方がない」と覚悟をしていた。

自分も暗いところにいて、つらかった。みんなも助かってほしい。

[朝日新聞]2011年2月23日16時5分
http://www.asahi.com/national/update/0223/TKY201102230180.html

続きを読む

ironew at 18:03コメント(0)トラックバック(0) 
1:帰社倶楽部φ ★:2011/02/23(水) 15:48:11.70 ID:???0

ポップコーンと言えば音が出にくい映画のお供の定番スナックですが、それを周りの観客をいらつかせる
程の大音量で食べていた男性が劇場内で撃たれ、そのまま亡くなりました。
事件現場で上映されていたのは、日本では2011年5月13日(金)から上映される予定となっている、ナタリー・ポートマン主演の「ブラック・スワン」。映画の上映中にやまない雑音が聞こえてきたとしたら確かにイライラしそうですが、なぜ発砲事件にまで発展してしまったのでしょうか。

事件の詳細は以下から。
Man shot dead for eating popcorn too loudly during Black Swan - Telegraph
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/8337522/Man-shot-dead-for-eating-popcorn-too-loudly-during-Black-Swan.html

ラトビアの首都・リガにあるシネマコンプレックスで、「ブラック・スワン」の上映中にポップコーンを大きな音を立てて食べ続けていた男性が、劇場内で射殺されました。「ブラック・スワン」はポートマン演じるバレリーナに試練が降りかかり、追い詰められていく過程を克明に描いた心理劇で、アカデミー賞5部門にノミネートされるなど評判の高い作品です。

警察は同じスクリーンで映画を見ていた27歳の男が、ポップコーンを食べていた42歳の男性を撃った疑いで逮捕しました。クレジットロールが流れたころにいさかいが始まり、最後には男が発砲してしまった
ということのようです。
ラトビアの通信社Letaが目撃者に行った聞き込みによると、死亡した男性はとんでもなく大きな音を立ててポップコーンを食べていたと証言していることから、発砲した男性が神経質だったわけではなく、他の観客にも聞き取れる程の音を立てていたようです。
銃犯罪はラトビアにおいて比較的珍しいようですが、ポップコーンがその引き金になってしまうとは何とも複雑な気分にさせられます……

2011年02月23日 11時32分25秒
http://gigazine.net/news/20110223_eating_popcorn_too_loudly/

続きを読む

ironew at 16:58コメント(0)トラックバック(0) 
1: ◆2SC372TRt. @キハ55φ ★:2011/02/23(水) 11:14:16.30 ID:???0

[クライストチャーチ/ウェリントン 23日 ロイター]

ニュージーランドのキー首相は23日、クライストチャーチの大地震を受け、非常事態を宣言した。
22日に起こったマグニチュード(M)6.3の地震による死者は23日の段階で75人に増加した。

クライストチャーチ市長は23日の記者会見で、現在のところ、300人が行方不明と報告されていると述べた。
当局は、死亡した55人の身元を確認。さらに20人の身元確認を進めている。

市長は、日本人が閉じ込められているとみられている語学学校が入っている建物の中に15人の生存者を発見したと述べた。
ただ、これについて、現地メディアは、建物での救出活動は停止したと報じた。

ラジオ・ニュージーランドは、消防当局者の話として、これは事実ではなく、救援隊は別の主要な建物に移動したとしている。

ロイター 2011年 02月 23日 10:14 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-19676320110223

続きを読む

ironew at 14:51コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月22日

1:そーきそばΦ ★:2011/02/22(火) 16:31:43.39 ID:???0

重慶市大渡口法院(裁判所)で22日午前6時40分ごろ、爆発が発生した。建物内の食堂部分でガスが漏れ、何らかの原因で引火したとみられている。同爆発で、3人が軽傷を負ったことが確認された。中国新聞社が報じた。

爆発が発生した食堂は裁判所建物の1階部分にあった。建物1階部分は外壁が吹き飛び、柱だけが残った。2階や3階部分でも、窓枠がはずれたりガラスが砕け散るなどした。

裁判所中庭にある商店は、壁や屋根の一部が吹き飛んだ。あたり一面に、ガラスや窓枠、建物外装用の建材が散乱した。

裁判所敷地の隣は高層の集合住宅で、住民は「寝ていたところ、巨大爆竹のような轟音でたたき起こされた」、「耳の中で蚊が飛ぶようなジーンという音が残り、かなりたってから消えていった」などと話した。

爆発地点から100メートル内にある住居で、窓ガラスが割れるなどの被害が出た。(編集担当:如月隼人)

ソース サーチナ 2月22日(火)12時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110222-00000045-scn-cn

続きを読む

ironew at 17:52コメント(0)トラックバック(0) 

2011年02月21日

1:道民φ ★:2011/02/21(月) 16:06:39.10 ID:???0

風船25個、ふざけて1個に火つけたら全部爆発=杭州

浙江省杭州市警察は21日、カラオケ店内で他人が持つ風船に点火して爆発させた男の身柄を拘束したと発表した。
男は「冗談で1つに火をつけた。全部爆発するとは思わなかった」と述べているという。
被害者に治療費などの支払いを約束したが、逃走していたため警察が捜査していた。爆発した風船には水素がつめられていた。

被害者男性は2010年10月31日未明、誕生パーティーの2次会で、市内のカラオケ店を訪れた。
男性は1次会で使った、数珠つなぎになった風船25個を持っていた。
カラオケ店の廊下で、別の客の男がふざけてライターを取り出し、うち1個に火をつけようとした。
男性は「やめてくれ」と言いながら身をかわしたが、男は強引に1個に点火。とたんに、25個全部が爆発したという。

風船を持っていた男性は、頭や顔、首、手などにやけどを負った。
火をつけた男もほぼ同様の状態だったという。近くにいた人も、それぞれやけどを負った。

被害者・加害者ともに近くの病院で手当を受けたが、加害者の男は身分証明書を「証拠のため」として加害者男性に渡し、 「被害を補償する」と約束した。翌日、あらためて病院で会うはずだったが、男は姿をみせず、そのまま行方不明になった。

被害者男性は警察に相談。警察は「軽傷ではあるが、傷害事件と判断できる」として捜査を始めた。
男が渡した身分証明書は本物で、データベースを調べたところ、過去に窃盗や薬物乱用の疑いで取り調べを受けた経歴のあることが分かった。

警察は2月12日、逃走していた男を見つけ、身柄を拘束した。男は、相手がいやがっているにもかかわらず、 風船に火をつけたことを認め、「1つに火をつけたことで、まさか全部が爆発するとは思わなかった」と述べた。

損害補償については警察が調停を行い、加害者の男が被害者に1万5000元(約19万円)を支払うことで、両者が合意した。(編集担当:如月隼人)

サーチナ 2011/02/21(月) 15:48
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0221&f=national_0221_142.shtml

続きを読む

ironew at 17:41コメント(2)トラックバック(0) 
1:そーきそばΦ ★:2011/02/21(月) 15:57:03.30 ID:???0

湖北省武漢市内の商店で4日、使い捨てライターが爆発したことが分かった。購入しようとした男性が、試しに点火したとたんだった。地元の武昌工商当局が、同件について調査を始めた。長江商報が報じた。

店に並べられていたライターを手に取り、点火したとたんに「バン!」という音を立てて爆発した。
火球が出現して男性は髪の毛が燃え、眉毛や鼻などにもやけどをした。

ライターは1元(約13円)で売られていた。男性からの通報により、武昌工商当局が18日になり調査を始めた。
爆発を起こしたライターは仕入れや販売が認められていない「粗悪なにせ商品」だったという。
当局は店にライターの販売を停止させ、許可証のない商品を売った疑いで調べを進めている。

男性によると、治療費に120元(約1520円)がかかり、医師の指示により感染防止のために2週間、外出ができなかった。

交渉の結果、商店が治療費とその他の損害の補填(ほてん)のため計620元(約7850円)を支払うことで、両者は同意した。(編集担当:如月隼人)

ソース サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110221-00000008-scn-cn

続きを読む

ironew at 17:29コメント(0)トラックバック(0) 
1:そーきそばΦ ★:2011/02/21(月) 15:52:08.84 ID:???0

北京市豊台区内のマントウ製造所で19日午前11時ごろ、蒸し器が爆発した。作業中の6人が負傷したが、それほどひどいけがではないという。捜狐新聞が報じた。

爆発した蒸し器はスチームボイラーと組み合わせたタイプで、ボイラー部分が突然、爆発した。
ドアや窓のガラスが屋外に吹き飛び、屋内には壁や天井から落ちたレンガの破片などが散乱した。

室内で作業中だった6人全員が負傷したが、それほど重傷ではなく、入院の必要もなかったという。

◆解説◆
マントウは蒸しパン状の食品で、中国北部の伝統的な主食。漢字表記は「饅頭」で、日本の肉まん(豚まん)と同程度の大きさだが、餡(あん、具)はない。家庭でも作るが、都会などでは店舗で売られているものを求め、おかずだけを自宅で作って食事をする場合も多い。

餡があるものは「包子(バオヅ)」と呼ばれる。日本の肉まんより小さなものが多い。(編集担当:如月隼人)

サーチナ 2月21日(月)12時8分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110221-00000031-scn-cn
画像 マントウ



続きを読む

ironew at 17:23コメント(0)トラックバック(0) 
ブログについて

いろんなニュース@2ちゃんねるは2ch内の気になったニュースをまとめています。
現在、相互リンク、RSS募集中です。

ご連絡は
ironewblog [at] gmail.com
までよろしくお願いします。

RSS
  この日記のはてなブックマーク数
   
   


ニンテンドー3DS アクアブルー

ニンテンドー3DS コスモブラック

クライシス 2  初回特典「マルチプレイ専用ボーナスアイテム ダウンロードコード」付き

戦場のヴァルキュリア3 特典 ガリアシークレットドキュメント FILE 422付き

キャサリン 特典 サントラCD付き

ラストストーリー 特典 エレメント オブ ザ ラストストーリー(サントラCD+ビジュアルブック)付き

モンスターハンターポータブル 3rd